ご相談の予約はこちら

受付時間
平日9:30~18:00

債務整理のご相談は無料

インターネットによるご予約は24時間受付ております。電話・メールによる法律相談は行っておりません。


                

ごあいさつ

弁護士 木ノ切隆行

弁護士 木ノ切隆行

(神奈川県弁護士会所属)

藤沢市に事務所を開設して7年。多くの皆様からご相談をいただいてます。

事務所のご案内

湘南藤沢法律事務所

【交通機関】

電車でお越しの場合

小田急江ノ島線
JR線
江ノ島電鉄線
                     
「藤沢駅」下車
JR線藤沢駅北口より
徒歩3分

                 お車でお越しの場合
ビル周辺にコインパーキングがあります。

               

費用のご案内


費用

法律相談及び依頼される場合の各費用(税別)は以下の通りです。 ご依頼される場合の弁護士費用は事件着手時に「着手金」を、事件終了時に「報酬金」をそれぞれお支払いいただきます。 大体の基準は以下の通りです。案件により金額は異なります。 ご不明な点はお問い合わせください。

 法律相談


法律相談

初回の1時間    5,400円
以降30分ごとに  5,400円
借金(債務整理)の初回のご相談は無料です。

 ご依頼いただく場合の費用


【着 手 金】 事件着手時にいただく費用です。事件の種類ごとに異なります。着手金はお返しすることができません。
【報 酬 金】 事件終了時にいただく費用です。事件の種類ごとに異なります。
【手 数 料】 遺言作成や遺言執行など単発的な業務についていただく費用です。
【実 費】 弁護士が事件処理をするうえで第三者に支払う費用(収入印紙、戸籍謄本、登記簿謄本の代金や交通費など)です。
【日 当】 弁護士が遠隔地に出張する場合にその都度いただく費用です。東京・神奈川の場合はいただいておりません。


着手金、報酬金、手数料の金額

 損害賠償請求・請負代金請求等、金銭を請求し、請求に対応する事件(一般民事事件)



着手金 請求する金額について次の基準による金額 ただし、交渉段階の着手金の最低額を108,000円、訴訟段階の着手金の最低額を216,000円としています。
報酬金 得られた経済的利益について次の基準による金額 ※「得られた経済的利益」とは、合意や判決によって支払額が確定したときに、請求が認められた金額、あるいは、減額が認められた金額をいいます。


一般民事事件の基準(%は、得られた(得ようとする)経済的利益に対する掛率です。)

着手金 報酬金
300万円以下 8%×1.08 16%×1.08
300万円を超え3000万円以下 (5%+9万円)×1.08 (10%+18万円)×1.08
3000万円を超え3億円以下 (3%+69万円)×1.08 (6%+138万円)×1.08

3億円を超える

場合

(2%+369万円)×1.08 (4%+738万円)×1.08

(計算例)
500万円請求して400万円の支払いを命じる判決が出た場合
着手金 (500万円×5%+9万円)=367,200円
報酬金 (400万円×10%+18万円)=626,400円
※ 交通事故の損害賠償請求の場合で弁護士費用特約を利用されるときは、保険金支払基準に基づいて保険会社からお支払いいただきます。ただし、請求額が高額で、一般民事事件の基準により算定した金額が保険会社の限度額を超えるときは、その差額をご負担いただきます。



離 婚



着手金

交渉から216,000円,??調停に移行したときは108,000円追加

調停から324,000円

訴訟から調停からの場合と同一で、訴訟移行時の追加料金はありません。

報酬金

財産分与、慰謝料(解決金)として得られることとなった金額(婚姻費用、養育費は対象としません。)に対し、一般民事事件の基準で計算した報酬金の金額。

ただし、着手金の金額が最低金額となります。

※ 婚姻費用分担調停も行うこととなった場合、一緒に担当します。別途の料金は不要です。

相続関係

 遺産分割(交渉、調停、審判)


着手金

相続分の3分の1の金額について一般民事事件の基準による金額

ただし、最低額を216,000円としています。

報酬金

相続分の3分の1の金額について、民事事件一般の基準による額

ただし、遺産であることにつき争いがある財産については3分の1とはせず相続分の金額とします。

ご参考
遺産評価額が6000万円で相続割合が4分の1の場合、相続分が1500万円
その3分の1の金額が500万円になるので、一般民事事件の基準から
着手金313,200円、報酬金626,400円となります。
他の相続人が当初から遺産と認めている財産の評価額が3000万円、当初遺産と認めていなかったが最終的に遺産と認められた財産の評価額が2000万円で、遺産評価額が合計5000万円となった場合、相続割合が4分の1のときは、3000万円の遺産について、相続分が750万円、その3分の1の金額が250万円、2000万円の遺産について、相続分が500万円となり、250万円と500万円の合計額750万円につき、一般民事事件の基準から
着手金502,200円、報酬金1,004,400円となります。

 遺言(公正証書)作成


遺言書作成手数料 194,400円  公証役場の手数料は別途実費となります。


 遺言執行(遺言書に記載されているとおりに遺産を分配する手続です)


300万円以下 324,000円
300万円を超え 3000万円以下 (2%+24万円)×1.08
3000万円を超え 3億円以下 (1%+54万円)×1.08
3億円を超える場合 (0.5%+204万円)×1.08


債務整理

 任意整理

着手金 21,600円(1社あたり)
報酬金 債権者主張の元金から減額した分につき10.8%+過払金の21.6%



 過払金請求(完済している場合)

着手金 21,600円(1社あたり)
報酬金 過払金の21.6%



 破産(非事業者)・個人民事再生(住宅ローンなし)

着手金 324,000円
報酬金 なし

※破産で破産管財人がつく場合、実費として裁判所の予納金20万円(最低額)がかかります。

 破産(法人・事業者)

着手金 432,000円~債権者数、財産の点数・金額によります。
報酬金報酬金 なし



 個人民事再生(住宅ローンあり)

着手金 432,000円
報酬金 216,000円

不動産賃貸借関係

 建物明渡・賃料請求

着手金 270,000円
報酬金 216,000円+回収した家賃の10.8%

※ 明渡しの強制執行までの費用を含んでいます。

 賃料増額・減額請求

着手金 増額・減額請求する賃料の5年分の5% ただし、最低額を324,000円としています。
報酬金 増額・減額できた分の5年分の5%

その他

 契約書チェック

着手金 32,400円~ 分量、特殊性によります。


 成年後見審判申立

費用 108,000円


 仮差押及び仮処分

裁判所の審尋または 口頭弁論期日を経ない事件 一般民事事件の基準の2分の1の着手金、報酬金 ただし、着手金、報酬金の最低額をそれぞれ108,000円、216,000円としています。
裁判所の審尋または 口頭弁論期日を経る事件 一般民事事件の基準の3分の2の着手金、報酬金 ただし、着手金、報酬金の最低額をそれぞれ108,000円、216,000円としています。


 強制執行

着手金 一般民事事件の基準の3分の1 ただし、最低額を54,000円とさせていただいております。
報酬金 一般民事事件の基準の4分の1

刑事事件・少年事件

 自白事件(犯罪事実を認めている事件)で裁判員裁判でない事件


起訴前の段階 着手金 162,000円
不起訴となった場合 報酬金 162,000円
起訴後の段階 着手金 162,000円
判決時 報酬金 162,000円

ご参考
起訴前に受任し、起訴され、判決に至った場合
起訴前の着手金162,000円+起訴後の着手金162,000円+判決時の報酬金162,000円
合計486,000円

 否認事件(事実を認めていない事件),裁判員裁判の事件


費用はご相談になります。

法律相談(お気軽にお問合せください)

当事務所は完全予約制にてご相談を承っております。
個別に相談日時を設けて、ほかの方と重ならないようにしております。
ご相談は平日以外でも、夜間のお時間でも対応いたします。

  • 何から手をつけてよいかわからない
  • 同様な問題の一般的な解決方法は?
  • 費用・時間はどれくらいかかるの?
  • 相談するべき案件なのかわからない

どのような問題でも早めにご相談いただくことでより良い解決に結びつくことが多々あります。また専門家に相談することで不安を取り除くこともできると思います。是非お気軽にお問合せください。
当事務所での法律相談をご希望の方は、お電話・メールにてお申し込みください。

なお、メールや電話口での法律相談はお受けしておりませんのでご了承ください。

  
 

 法律相談予約受付時間

                                      

お電話による相談予約受付時間
 平日 9:30~18:00


インターネットによる予約受付時間
 年中無休 24時間受付

インターネットによるご予約はこちら